雨の日 自転車通勤

雨の日の自転車通勤の注意点

自転車通勤はエコでヘルシーな毎日の通勤方法として
実践している人も増えてきました。

 

ただ、晴れた日の自転車通勤は心地良いですが、
雨の日の自転車通勤は面倒に感じる人も多いんじゃないでしょうか?

 

まず悩むのは、雨の日にどんな雨具を着ていくか?ということでしょう。

 

雨具の種類は大きく分けて、
レインコート(足元までの長さで全体をカバーするタイプ)、
レインポンチョ(丈が短めで腕を通すところが無いもの)、
レインスーツ(上下が分かれていて、下はズボンになっているもの)など3種類あります。

 

一番濡れにくいのはレインスーツでしょう。

 

上下が分かれているので水が入ってくるところが少なく、
可動性も良いので長距離の自転車通勤に向いています。

 

デメリットは脱ぎ着がしにくいことと、女性はスカートをはいていると着れません。

 

上下をそれぞれ脱がなければならないので、
着替えの時間は少しかかってしまいます。

 

一番手軽なのはレインポンチョですが、主に上半身をカバーしているだけなので、
長時間の通勤には濡れてしまいやすいので向きません。

 

近所のスーパーに買い物に行くときなどや、
小雨の時にはサっと着れるので便利です。

 

レインコートは男女とも利用できて、脱ぎ着もしやすいので利用しやすいですが、
脚の間から水が入りやすいのが難点です。

 

ですが、スカートをはいているときにも利用できるので、
自転車通勤には利用しやすいでしょう。

 

雨の日には用途に合わせたレインウェアを選んで着用していくのがおすすめです。

 

また、雨の日はどのレインウェアを着ても、
視界が見えにくくなってしまうため、安全には十分気を付けましょう。

 

雨の日に注意すべきなのはマンホールの蓋や側溝の鉄の格子などです。

 

こうした鉄の上を走行すると、雨でぬれているため
滑りやすく非常に危険です。

 

雨の日の自転車通勤は不便なことも多く危険も多いので、
極力自転車を控えて別の交通手段で通勤したほうが良いでしょう。